ここへヘッダーが入る

ここへフッターが入る

「もう決して貧乏にならない方法とは?ロバート・キヨサキの方法をすぐに学ぼう」- 翻訳済み
———————————————————–

みなさん、私のチャンネルへようこそ。今日のトピックは「ロバート・キヨサキによる貧困からの完全な脱却」です。

私たちの学校システムは、お金のことを教えてくれていません。それは偶然ではありません – 貧しい人や中流階級をお金について無知のままにしておくことが、彼らを必死に働かせるのです。裕福な親は、学校が教えないお金や富を手に入れる方法を、子どもに教えています。

貧困は辛いものです。学術システムが腐敗していることが気に入りません。銀行や政治も腐敗していますが、私たちはシステムを信頼して子どもを学校に通わせます。それなのに、学校は基本的な金融教育さえ教えません。

金融教育とは、仕事を見つけて懸命に働き、お金を貯めて、株や債券に投資することではありません。金融業界は債務と税金で繁栄しています。1971年にドルは金本位制から外れ、債務となりました。それなのに学校は今でも、学位と仕事を取り、お金を貯め、債務を支払うよう子どもに言っています – ばかげている!

政府があなたが稼げるより速くお金を刷っているのに、なぜ貯金するのでしょうか? お金は無から生み出せるのに、なぜ働くのでしょうか? 裕福な人はお金のために働かず、お金にさわりもしません。

素晴らしい教師は学校から来るのではなく、内なるものです。学校では教師が本物か判断できません。私の豊かな父親は、私に無料で自分のために働かせました。給料を払えば、私は社員のように考え、頭がフリーズするだろうと言いました。給料をもらうと、金融教育は止まってしまいます。

人に魚一匹をあげると一日食べられる。釣りを教えると一生食べられる。貧しい人は資産と負債の区別がつきません。家が資産だと思っていますが、実は負債なのです。資産は現金を生み、負債は現金を奪います。7000の賃貸不動産で私は現金を得ています。しかし、大きな家に金を吸い取られている人が多いのです。

ほとんどの人にとって最大の支出は税金ですが、人はそれに気づきません。裕福な人はお金のために働きません。彼らは職業所得ではなく、受動所得を生み出す資産を持っています。職業所得は最も課税されます。裕福な人は借金を非課税のお金として使います。2008年、銀行は3億ドルの非課税資金を私に提供しました。

借金をお金として使う方法が分かれば、何でも購入できます。「これをどうやって支払おう」と言うのではなく、「支払えない」と言わないでください。失敗はするけれど学習します。「できない」思考を拒絶してください。他の人ができるのなら、意志の力で何でも可能です。自分との会話の仕方が大切です。「できない」と言うのを止めると、貧困意識は薄れていきます。

私が裕福になったのは、お金そのものではなく、お金の働きを学んだからです。キャッシュフロー、債務、所得の種類、税金、資産と負債の理解 – これが真の金融教育です。お金の仕組みが分かれば、元手なしでお金を生み出せます。そうすると貧困と不足は、繁栄と豊かさに置き換わります。